バリ・ビューからのお知らせ

バリ島から日本へ帰国時も宿泊施設での待機なし(4月6日より一部変更)

4月1日午前0時以降、バリ島(インドネシア)からの帰国者について、検疫所の宿泊施設での待機がなくなりました。
また、ブースター接種を完了している場合は、入国後の自宅待機も不要になりました。

現在バリ島への入国も空港でのPCR検査が陰性の場合、その後は自由に行動が出来ますので、いろいろと条件はありますが、日本・バリ島ともに隔離や待機が廃止されました。

バリ島到着後のホテル隔離なしの条件は、以下のとおりです。

1.ワクチン接種証明書(出発の14日以上前に2回目のワクチン接種を完了していることが英文で記載されており、事前に保健省のウェブサイト( https://vaksinln.dto.kemkes.go.id )を通じて認証を受けたもの)を提示
※18歳未満はワクチン接種証明書の提示不要

2.入国前に「pedulilindungi」のアプリをダウンロード、ヘルス・アラートカード(eHAC)に記入

3.出発前2x24時間以内に検体採取されたPCR検査陰性証明書を提示※5月19日よりワクチン2回接種済みの場合は、不要となりました

4.医療保険加入証明書を提示

5.バリ島入国時のPCR検査で陰性※4月6日よりワクチン2回接種済みの場合は、不要となりました

バリ島入国時の流れは以下のとおりです。
1.到着後PCR検査
2.入国審査・税関審査
3.荷物の回収・荷物の消毒
4.ホテルへ直行
5.ホテルでPCR検査の結果を待つ(PCR検査の陰性結果が判明するまでは部屋から出ず、他人とコミュニケーションを取らない)
6.PCR検査結果が陰性であれば、自由に行動ができます
※4月6日よりワクチン2回接種済みの場合は、1.5.6が不要になりました。

バリ島への渡航に関しては、予告なく変更されることがありますので、最新情報は、下記ホームページでご確認下さい。
★在インドネシア日本国大使館★
https://www.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

★在デンパサール日本国総領事館★
https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

ページ上部へ戻る