ロンボク島でのダイビングツアー

ロンボク島

ロンボク島でのダイビングはお得情報の特典対象外です。

料金表

催行人数:2名様より

ポイント名ファンダイブ料金体験ダイビング料金
ギリ3島 US$ 80US$ 110
東ロンボク US$ 125US$ 140
 料金に含まれる物
2ボートダイブ、ダイビングガイド、タンク&ウエイトおよびレンタル器材、ホテル送迎(ギリ/スンギギ地区)、昼食、お飲み物、保険
料金に含まれる物
2ボートダイブ、ダイビングインストラクター、タンク&ウエイトおよびレンタル器材、ホテル送迎(ギリ/スンギギ地区)、昼食、お飲み物、保険 
追加ダイブUS$ 35/ナイトダイブUS$ 50 でアレンジも出来ます。
ご希望される場合は、事前にお知らせ下さい。
※ギリ/スンギギ地区以外に、ご滞在のお客様はお問い合わせ下さい。

バリ島発 ★ロンボク島ダイビングパッケージ・ツアー

2泊3日/4ダイブ 催行人数:2名様より

ギリ3島 × 2日間(4ダイブ) US$ 360
1日目 バリ島南部エリアのホテルお迎え、ギリ・トラワンガン到着後、ギリ3島にて2ダイブ
    ギリ・トラワンガンまたはスンギギに宿泊
2日目 ギリ3島にて2ダイブ
    ギリ・トラワンガンまたはスンギギに宿泊
3日目 ギリ・トラワンガンまたはスンギギのホテルお迎え、バリ島到着後、南部エリアのホテルへ送迎
ギリ3島 (2ダイブ) 東ロンボク (2ダイブ) US$ 410
1日目 バリ島南部エリアのホテルお迎え、ギリ・トラワンガン到着後、ギリ3島にて2ダイブ
    スンギギに宿泊
2日目 東ロンボクにて2ダイブ
    スンギギに宿泊
3日目 スンギギのホテルお迎え、バリ島到着後、南部エリアのホテルへ送迎

料金に含まれる物

  • バリ島⇔ロンボク島間の航空券またはスピードボート代と往復送迎
  • ダイビング日の昼食・お飲み物
  • 宿泊費2泊分(朝食込み)
  • ギリ3島または東ロンボクでのダイビング(ホテル送迎/ガイド/タンク&ウエイト/レンタル器材代/昼食/お飲み物/保険)

スンギギ地区のホテル:
Jayakarta Lombok(ジャヤカルタ・ロンボク) 又は同等クラス

URLhttp://lombok.jayakartahotelsresorts.com/
ホテル施設スイミングプール(大人用・子供用)/レストラン&バー/スパ/テニスコート/パットゴルフ/セーフティボックス/ビリヤード/ショッピングアーケード
お部屋設備 エアコン/ホットシャワー/バスタブ/IDD電話/衛星テレビ/ミニバー/冷蔵庫/Wi-Fi無料

 

ギリ・トラワンガンのホテル:
Gili Countryside Villa(ギリ・カントリー・ヴィラ)
または同等クラス

ホテル施設:スイミングプール
お部屋設備:エアコン/ホットシャワー/Wi-Fi無料

上記以外の日数もアレンジができます。詳しくはお問い合わせ下さい。

ページ上部へ戻る

ギリ3島
透明度:15m~25m
水温:25℃~29℃
ダイブスタイル:ボートダイブ
★初級者~上級者向き★
ギリとはササック(ロンボクの民族)の言葉で「小島」を意味しており、ギリ・トラワンガン/ギリ・メノー/ギリ・アイル以外にも、ギリ〇〇と名前のつく島は他にもたくさんありますが、こちらの3島は観光客がもっとも多く訪れる島です。
特に島の面積が一番大きいギリ・トラワンガンは、バックパッカーの聖地にもなってます。
ギリ・メノーとギリ・アイルは観光客が少ないため、のんびり過ごしたい人にはピッタリの島です。年間を通してダイビングは出来ますが、1月中旬~2月初旬と6月中旬~7月中旬は風の強い日があり、波が高い日もあります。
初心者~上級者までスキルに合わせたポイントでダイビングを楽しめます。島の周りのポイントは、基本ドリフトダイブで水深は5m~25m。
外洋に一番近いギリ・トラワンガン西側のポイントは、ダイナミックなポイントで、ホワイト・チップ・リーフシャークなどが見れます。
また水路では、ギンガメアジの群に遭遇する事もあります。
島のシンボル「アオウミガメ」やカンムリブダイの群れ、ナポレオンフィッシュ、沈船にびっしりついた珊瑚に群がるフエダイなどが見れます。
ギリ・メノーとギリ・アイルでは、マクロ派が喜ぶ小さなハゼやサンゴの間に住む珍しい魚がいたりします。

見られる魚
●アオウミガメ
●カンムリブダイ
●ナポレオンフィッシュ
●ホワイト・チップ・リーフシャーク
●ツムブリ
●ウメイロモドキ
●アカククリ
●カクレクマノミ
●マンタ

東ロンボク
透明度:10m~25m
水温:25℃~29℃
ダイブスタイル:ボートダイブ
★中級者~上級者向き★
観光開発がまだそんなに進んでいない東ロンボクにもギリ(小島)と名のつく島があり、ギリ・スラット/ギリ・ラワンやギリ・ランプなど、マングローブの生い茂る無人島周辺は、ダイバーにもそれほど荒らされておらず、元気のいい珊瑚礁が広がってます。
ギリ・スラット/ギリ・ラワンは、潮流が複雑で上級者向きのポイントです。ギリ・ランプ周辺は水深が浅く、スズメダイはギリ3島にはいないスパイニー・テールが見れます。
他にも南国らしいハナダイ、砂地にいろんな種類のハゼ類、マクロ好きなダイバーさんには是非潜っていただきたいポイントです。

年間を通してダイビングは出来ますが、1月中旬~3月下旬は風が強く波も高いです。

見られる魚
●ゴールドスペック・ジョーフィッシュ
●カニハゼ
●ニチリンダテハゼ
●ガーデンイール
●スズメダイ
●ハナダイ
●ハナゴイ
●マダラトビエイ